親との関係って、ハッピーなことばかりではないですよね。

わたしも、両親それぞれと中々に厳しい関係でした。

特に父親とは30年ぐらいまともな会話が無い状態で、
大人になってからあるきっかけがあり、和解することが出来ました。

それについて実体験をまとめているのが、◆ こちら ◆


同じように、親と上手く関われないという方のセッション&トリートメントのその後の変化です。
 

お悩み・セッションテーマ:
会うと子どものころの怖い父親を思い出して、緊張して怖くなってしまう。そのため何年もちゃんと話していない。
パートナーを持つ、いい関係を持つと思うと父親のことがかぶってしまう。

施術その後:
『自分から連絡して、合う日時を決めた。
 ちゃんと落ち着いて数時間話すことができた。
 前のように『怖い』とは思わず、緊張もせず過ごせたことにびっくりした』とのことでした。

この少し前に出来たパートナーとの関係も、よりリラックス出来たり、無駄に攻撃的になってしまうことが減ったそうです。

利用メニュー: セッション45分、背面全体45分

 

さいたま市 アーユルヴェーダ

 

 

 

 

 

異性の親との関係は、そのまま自分のパートナーとの関係として反映されやすいです。

また、父親との関係は社会との関係、
母親との関係は内面の平安に
それぞれ繋がっていきます。

 

両親それぞれを『大好き!』『尊敬している!』にならないと
社会生活や内面が落ち着かない、というわけではないです。

だけど、
なんで両親は、あんなことを子どもであるわたしにしたのか、
あるいはしてくれなかったのか。

そういうことについて、
『きっとその時は、そうするしか無かった、それしか出来なかったんだな』と理解する。


それだけで、変わること、楽になることは随分あります。

 

セッション45分+ヘッド・背面全体90分

 

◆ わたしの父親との和解の実体験録 ◆

 

 

 

 

この記事を書いた人