花粉症に良い食べ物③はちみつ – さいたま市のアーユルヴェーダサロン Rohini 〜ローヒニー〜さいたま市のアーユルヴェーダ&インド占星術

花粉症に良い食べ物③はちみつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆こちら◆のブログでも、はちみつについて紹介しています。

 

この記事ではもう少し詳しく、はちみつについて紹介します。

はちみつは、カパとピッタを鎮静します。

花粉症も含めてアレルギー症状は、カパと、ピッタの増悪で起こり、悪化します。

なので、その両方を鎮めてくれるはちみつは、アレルギーの人にとっては有益な食品です。

アトピーの人にもいいですね。

 

傷の治癒、虚誕(タンを取り除く)性質もあります。

はちみつは、主に単糖類から出来ています。 そのため素早く消化され、栄養として吸収されます。

主に神経系を栄養させ、発達させるのに、とてもよいとされています。

 

その恩恵を受けるためには

*空腹時に単独で

*40度以上には加熱せず

*純粋で、非加熱の蜂蜜を食べることが必要です。

 

はちみつは、ほかの糖類やタンパク質と摂ると特に良くありません。

空腹でない時、つまり消化器官にほかの食べ物が入っているときに食べると、それらと反応してAGE(糖化最終産物)が合成されやすくなってしまいます。

 

これは糖とタンパク質が結合してできる物質で、老化の原因になります。

この反応をメイラード反応と言い、これは温度や濃度が高いほど促進されます。

 

言い換えると、たくさん摂って、加熱するとたくさんのメイラード反応が起こり、老化が進むということです。

 

なので、 *空腹時に単独で *加熱せずに摂る ことが大切です。

 

アーユルヴェーダ的にいうと、はちみつはそもそも熱の性質を帯びているものです。

それを加熱したことによってできた毒物は、とても熱の性質が強い毒物になり、体内で発生させられる熱では燃やしきれなくなるのです。

なので、 空腹時にそのまま舐める、 常温の水にはちみつを溶かして飲む という摂りかたがベストです。

 

もしくは、トリパラと言うハーブミックスをはちみつで練って、そのまま舐めるのもおススメです。

少々摂りかたに注意が必要なものですが、とても有益なものでもあります。 ぜひ上手に取り入れてくださいね。

 

 


 

■ご予約について
時間が表示してある日が、予約可能日時です。

インド占星術については、カレンダー表示以外の時間でも対応可能です。

ご依頼を頂いてから1週間後ぐらいの日程で調整いたします。


◆ ご予約はこちらから ◆
 
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular Posts

  • 脈診を初体験!!

    今日は、アーユルヴェーダの脈診を始めて体験してきました。 いろいろと気になるところを教えてもらいましたが 大体ぜんぶ、自覚症状がある、もしくは自覚症状は無いけど病院で過去に指摘されたり、現在引き続いて経過観察・定期受診の […]

    511 0 2018年5月15日

  • 花粉症に良い食べ物①

    ◆こちら◆のページで、花粉症によくない食べ物を紹介しました。 花粉症は、増えすぎたカパドーシャの影響で起こります。   冬の間は寒いので固まっていたカパが、 春の温かさで溶けだしてきて、花粉症を引き起こすのです […]

    401 0 2015年2月6日

  • 花粉症に良い食べ物②

    昨日のブログで、花粉症に良い食べ物を紹介しました。 ◆こちら◆で挙げた食べ物を、普段の食事に多めに使うようにしてみてくださいね。   それとは別に、今の時期から継続して摂って欲しい食べ物があります。 ◆ショウガ […]

    320 0 2015年2月7日